あなたに合った FX口座開設がここにある!

FX口座開設で必要な初期費用は

FX取引を始める以上、少なくない投資金額を既に用意しているかと思いますが、
実際は幾らくらいあればFXを開始できるのか、ご存じでしょうか?
投資と言うとお金持ちが行なうイメージがあるので、
最低でも数百万円くらいは必要だと思っている人も多いと思います。
そこで今回は、FXの口座開設と初取引に必要な初期費用を考えてみたいと思います。

1,000通貨単位の業者であれば、FXは1万円でも始められる

結論から先に言いますが、
FXの取引は理論上、1万円でも始められます。
もちろん全財産が本当に1万円で、なけなしの1万円を丸ごとFXに入れる予定だという人は厳しいかもしれません。
その1万円をFXではなく今月の食費に回した方がいいかもしれませんね。

しかし、現実問題として1万円を持っていれば、
FXのトレードを実際に始められる業者は幾つもあります。特に取引の最小通貨単位を
1,000通貨単位に抑えてくれている業者であれば、1万円で問題も無く投資デビューができます。

例えば1米ドルが100円だったとしましょう。
1,000通貨単位の業者は米ドルの場合1,000米ドルから取引が可能です。
1,000米ドルは10万円なので、10万円あれば取引を開始できる計算になります。
しかもFXはご存じの通り、レバレッジが掛けられます。

通常なら10万円用意しなければ1,000米ドルを買えないのですが、
FXで10倍のレバレッジを効かせれば 、1万円で1,000米ドルが買えてしまいます。
もちろん細かく言えば、スプレッド(手数料)があるので、誤差の範囲で1万円を超えるかもしれませんが、
FXは口座開設も入出金も完全に無料で行えるので、
1万円を握りしめて飛び込めば誰でもFXは始められてしまう
のです。

10,000通貨単位の業者の場合は?

では、1,000通貨単位ではなく、
10,000通貨単位しか認めていないFX業者で取引を開始する際は、幾ら用意しなければいけないのでしょうか?
上述の例で再び考えてみますが、1米ドルが100円だと仮定すれば、
最低取引単位の10,000米ドルを購入するために100万円が必要です。
通常なら100万円を最初に用意しなければいけないのですが、レバレッジを最大に効かして25倍に設定すれば、
4万円で10,000米ドルを購入できてしまいます。

レバレッジを高くすれば、その分だけハイリスク・ハイリターンになるのであまりお勧めできませんが、
いずれにせよ業者選びの一環で幾つかの業者に口座を開きトレードを試してみる場合でも、
数万円あれば大丈夫です。最初に少しお金は掛かるかもしれませんが、

「これは使いやすい」
という業者を見付けた方が後のトレードで成功できる可能性は高まります。
当サイトの冒頭にリストアップした優良業者の情報など参考にして、
あれこれとテストトレードをしてみてください。