あなたに合った FX口座開設がここにある!

コストの安いFX業者は?

トップページを含めてFX業者選びで重視すべきポイントは、
安心と安全、コストの安さ、使いやすさの3つだと繰り返し言いました。
中でも今回はコストの安いFX業者を考えてみたいと思いますが、
コストと言っても見るべき場所が多いので、FX初心者の方は一体どこを見ればいいのか、
迷ってしまうかと思います。

FX業者のコストは主に、米ドル、ユーロとのスプレッドを見る

FX取引で主に発生するコスト(手数料)はスプレッドになります。
スプレッドとは皆さんご存じかと思うので詳しい説明は避けますが、ある通貨を買って売る際に
発生する手数料を言います。基本的にFX業者はこのスプレッドを収入源にしています。

例えば米ドルと日本円を売買するときに、
1ドルあたりスプレッドが0.3銭となっていれば、その分だけの手数料が掛かる計算になります。
この手数料は業者によって異なっており、売買する通貨によっても違います。

ただ、プロの投資家でない限り、
大部分のトレーダーが米ドルかユーロを取引する形になるかと思いうので、
スプレッドは米ドルと日本円、ユーロと日本円をチェックすれば十分です。
その他を比較し始めるときりがないので、米ドルとユーロ、そして日本円の売買で
手数料が安い業者を選んでください。

米ドル、ユーロ、円の売買が安い業者は?

では、米ドルとユーロ、円の売買手数料(スプレッド)が安い業者はどこでしょうか?
当サイトの冒頭に紹介したFX業者はどこも手数料が安くて有名ですが中でも、

  • ・GMOクリック証券
  • ・DMM.com
  • ・LIONFX
  • ・外為ジャパン

の4社は最安値水準を常にキープしています。上述の業者は、

  • 米ドル⇔日本円・・・0.3銭
  • ユーロ⇔日本円・・・0.7銭

という手数料で取引可能なので、
言い方を変えれば利益の出しやすいFX業者だと言えるかもしれません
(※LIONFXは米ドル⇔日本円が0.4銭、ユーロ⇔日本円が0.9銭とわずかに高いですが、
約定率が極めて高くスリップもほとんど発生しないので最安値水準の業者に含みました)。

もちろんこの手数料は、原則固定なのですが、
為替相場や市場の動きによってはまれに変わります。特に米雇用統計など重大な指標が発表され、
世界中のトレーダーが一気に取引をする時間帯になると、手数料が上がる恐れもあります。

ただ、原則として上述の4社は手数料が安いです。
手数料の安さを何よりも業者選びの決め手にしたい場合は、有力の選択肢になるかと思います。